2016年06月14日

『ヤシカフレックスAU(ローマ数字の2)型』(たぶん)のカメラ修理

またまた、二眼レフです。しかもヤシカの二眼レフの修理品がやってきました。
「ヤシカフレックス」のシリーズはいろいろなモデルがあります。
調べてみたら、たぶん『ヤシカフレックスAU(ローマ数字の2)型』ではないかと思いますが、確信はありません。A型でもローマ数字の「U」(2)が付くものと、アラビア数字の「2」がつくものがあります。
また、同じモデルと思われるのですが、当工房にもある個体はシャッターのメーカーが違うのです。
うーん、ややこしい。

工房へやってきた個体はピントグラス(すりガラス)が割れてしまっています。さすがに、新品の交換部品などはありませんので、別のヤシカフレックスの中古品から移植する予定です。その他、各部点検、調整を行ないます。

DSC02470.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 13:42| カメラ修理