2016年07月14日

『オリンパスペンEE』のカメラ修理

7月も半ばになってしまいました。でも、暑い毎日が続くのはこれからなのでしょうね。どうぞ、皆様、ご自愛下さい。
さて、今日、ご紹介するのは『オリンパスペンEE』です。このブログをいつもご覧頂いている方から、『エー、またオリンパスペンなの・・・』と言われそうですが、何故か、ペンの修理のご依頼が多いのです。
ただ、同じようなデザインなのですが、このブログでご紹介しているペンにもいろいろあります。
6月27日は『ペンEE2』、6月7日は『ペンEES』、5月25日は『ペンD-3』、5月23日は『ペンS』、5月17日は『ペンEE-3』、4月12日は『ペンEED』、2月3日は『ペンD-3』、1月29日は『ペンEED』といった具合にです。他にもペンを修理したはずですが、今年に入ってからブログで紹介させていただいたのは、こんなところだと思います。(一眼レフのペンFやペンFTなどは除いています)
そして、今日、ご紹介するのは昭和36年(1961年)に発売された『ペンEE』です。
そういえば、「EE」って、ご存じでしょうか?電気的かつ自動で露出を決める機構のことでElectiric Eyeの頭文字をとったものです。それまでは、露出計こそ搭載されているカメラはありましたが、自動で決めてくれるカメラは珍しかったのです。しかも、こんなコンパクトなカメラではなおさらでした。
工房へやってきた個体はオーナー様がおばあさまからいただいたカメラとのことで、各部点検のご依頼をいただきました。フィルター枠が変形していましたので、他のペンEEから取り出した部品と交換しました。露出計の調整などは終了し、これから最終チェックです。

DSC02583.JPG

DSC02584.JPG

DSC02586.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 15:48| カメラ修理