2016年08月04日

『オリンパスペンD2』のカメラ修理

さすがに8月です。外へ出ると半端ではない暑さです。暑さには弱いヒゲじいなので、困っています。
さて、今日、ご紹介するのは『オリンパスペンD2』です。それにしても、ペンの修理のご依頼が多いです。
そんな話はさておき、モデル名の「D」は「デラックス」のDだそうです。ハーフサイズカメラながら、プロがサブカメラに使っていたという伝説もあるくらいのスペックを誇ったカメラです。初代の「ペンD」はセレン式の露出計を内蔵していましたが、「ペンD2」からCDS式になります。そして、「ペンD3」ではレンズがF1.9からF1.7が搭載されます。

工房へやってきた「ペンD2」の外観はとてもキレイでした。あまり、使われず大事にされていたことがしのばれます。ただ、大事にされ過ぎて、油が固着することも多いので、これから点検にはいります。まずは劣化したモルトプレンの貼り替えからです。

DSC02672.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:48| カメラ修理