2016年08月09日

『ニューキャノネットQL19』のカメラ修理

ここのところ、バタバタしており、おまけに暑い毎日が続いているので、ヘロヘロです。まあ、基本はエアコンを利かせた作業室にこもっているので、外回りのお仕事をされている方や屋外でスポーツをされている方から見れば「ヘナチョコ!」と言われそうですが。

さて、今日ご紹介するのは『キャノンニューキャノネットQL19』です。コンパクトながら、AUTO、マニュアル撮影ができ、f1.9という比較的明るいレンズを搭載しています。デザインもなかなかカッコイイですよね。
工房へやってきた個体はシャッターが開きません。またバッテリーの接点が腐蝕していたので、下カバーを外し、バッテリーボックスを取り出してみたら、豪快に腐蝕していました。
これから、修理にとりかかります。

DSC02684.JPG

DSC02686.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 08:39| カメラ修理