2016年08月16日

『オリンパスシックス』のカメラ修理

今日は台風が接近しているため、午後から雨が降り始めています。被害さえなければ、久々の雨も良いものなのですが。
さて、今日、ご紹介するのは『オリンパスシックス』です。「オリンパス」というと、「ペンシリーズ」や「OMシリーズ」など、35mmフィルムを使ったコンパクトなカメラばかりを作っているようなイメージがありますが、ブローニーフィルムを使用するスプリングカメラや二眼レフを作っていました。
今回の修理品は比較的大柄なスプリングカメラの「オリンパスシックス」です。ファインダーは6×6用と6×4.5用(セミ判)に切り替えることができますが、フィルムマスクがなくなっていると、切替撮影はままなりません。

工房へやって来た個体はシャッターのチャージができないという不具合でした。何とか、修理作業を終え、再組み立てして最終チェック中です。ちなみにレンズはF2.8のモデルです。

DSC02691.JPG

DSC02695.JPG

DSC02694.JPG

DSC02693.JPG

DSC02687.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 14:38| カメラ修理