2016年08月29日

『アイレス35U(2)』のカメラ修理

またまた、台風が接近しているとかで、ご苦労をされている方も多いようです。特に天候しだいのところがある農業や漁業関係者や土木建設関係、交通機関・・・挙げればきりがないようです。どうぞ、ご用心ください。

さて、今日ご紹介するのは『アイレス35U(2)』のカメラ修理です。アイレス写真機製作所は昭和24年(1949年)に設立されたヤルー光学をルーツとする会社で昭和25年(1950年)に設立されたカメラメーカーです。
『アイレス35U(2)』はライカV(3)に触発されて作られたと言われています。発売は昭和29年(1954年)でベストセラー機だったようです。ブライトフレームや巻き上げないとシャッターを切ることができないようになっている(但し、シャッターチャージは巻き上げと連動していません)など、当時のカメラとしてはなかなかだったと思います。

工房へやってきた個体は羽根の粘りのため、シャッターが切れません。部品も一部無くなっている箇所があるので、部品取り中古をさがすか、他のカメラで流用できるかを検討しているところです。
まずは、全体の清掃からスタートです。

DSC02717.JPG

DSC02718.JPG

DSC02716.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:34| カメラ修理