2016年09月21日

『マミヤオートデラックス』のカメラ修理

そう言えば、ヒゲじいが小さかった頃は商品名やグレード表示に『デラックス』(高級、豪華などの意)というのがありました。「トヨタクラウン・デラックス」「明治ミルクデラックスチョコレート」「デラックスルーム」などと。まあ、最近でも「マツコデラックス」という方もいらっしゃるので、使われなくなったわけでもないのですが、その昔はデラックスだらけでした。
今日、ご紹介するのは、そんなデラックスなカメラで『マミヤオートデラックス』です。F1.7という当時としては比較的明るいレンズを搭載していたので「デラックス」と名づけられたのかも知れません。
工房へやってきた個体はシャッターが開きません。どうやらシャッター羽根の粘りのようです。その他、各部点検のご依頼です。

DSC02784.JPG

DSC02782.JPG

DSC02781.JPG

そういえば、このカメラはマミヤの頭文字「M」を使ったオリジナル柄のレザーが貼られています。傷を付けたり欠損があると、代替のレザーがないので、修理作業では要注意です。
DSC02783.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 14:25| カメラ修理