2016年10月31日

少しだけ大きくプリントした写真を飾りませんか?

今日はカメラ修理のご紹介ではなく、フィルムカメラで撮影された写真について。
以下は昭和カメラサービスのフェイスブックへの投稿内容と重複しますが、ご容赦下さい。

先日、20年近く経った当工房(と言っても自宅ですが・・・)の一部をリフォームしました。
まあ、予算の都合もあるので、工事の大半はお客様がおいでになる場所のクロスを貼り替えただけです。

クロスを貼り替えたのを機会に何枚か撮影した写真を壁に架けてみました。
普段はLサイズでしかプリントしないのですが、壁に架けるために少し大きくプリントしてもらい、フレームの中に入れてみました。
少し大きくするだけで、同じ写真でも、見違えるような印象になりました。(錯覚かもしれませんが)
特にフィルムカメラで撮影した写真はどこか、味があるように思います。
ぜひ「六つ切」(203×254mm)、できれば「四つ切」(254×305mm)の大きさでプリントして見てください。
たいてい各サイズ用のフレーム(額縁)はプリントより少し大きくできており、台紙がセットになっているので、引き締まります。もちろん、最初は2Lサイズ(127×178mm)でも良いかも知れません。サービスサイズで見る写真とはずいぶんと違って見えるはずです。

撮影したときの情景や手ごたえ、季節なども思い出すことができるはずです。

ぜひ、お気に入りの写真を少し、大きくプリントされ、ご自宅やオフィスの壁に架けたり、テーブルや棚の上に飾って楽しまれることをお勧めします。

DSC02864.JPG

DSC02881.JPG

DSC02862.JPG

DSC02871.JPG

DSC02878.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:56| カメラ修理