2016年12月28日

『キャノンP』のカメラ修理

当工房は今日が今年最後の営業となりました。
今年一年、ご愛顧いただきありがとうございました。
皆様にとってすばらしい新年になることを、心より祈念しております。

来年は1月5日から営業させていただきます。

今日は届いたばかりの『キャノンP』のカメラ修理をご紹介します。
基本的には各部点検のご依頼ですが、スローシャッターが不安定のようです。
本格的なチェックは年明けになりそうです。

DSC03031.JPG

DSC03032.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 14:32| カメラ修理

2016年12月27日

『フジカ35M』のカメラ修理

当工房の今年の営業も、今日と明日だけになってしまいました。カメラ修理だけでなく、年末となると雑用も多く、イマイチ落ち着きません。まあ、そんなことを言っていても仕方がないので、コーヒーを飲んで作業机に向かいます。

さて、今日、ご紹介するのは『フジカ35M』のカメラ修理です。
発売されたのは昭和32年(1957年)です。フジカとしては初めての35mmレンズシャッターだそうです。
それだけに、気合が入っていたのか、なかなかユニークなデザインです。カメラ上面をすっきりさせたかったらしく、出っ張っているのはシャッターボタンだけです。シャッターボタンの横にあるのが、フィルムカウンター、後ろにあるのが距離目盛です。いずれもカメラ上面と同じ高さにしてあります。ピント合わせはカメラの背後にあるダイヤルで行い、巻き上げはレバーカメラの下にあり、巻き戻しはレバーカメラのサイドにあります。

工房へやって来た個体はこの年式のカメラとしては、比較的キレイだと思いました。ただ、オーナー様から「絞りが開いたままになっている」とのご連絡を頂いていました。早速、拝見し、分解してみたら絞り羽根が外れていました。本来なら、10枚の絞り羽根で正円に近い絞りとなるのに、いびつな形になっていました。
おそらく、油による粘りで動きが固くなっていたときに、無理に動かして絞り羽根の回転中心が外れたようです。幸い、軸は無事だったので、洗浄して組みなおしました。また、シャッターも粘っていたので、こちらも洗浄し、再組み立てしました。あとは各部点検です。

DSC03027.JPG

DSC03029.JPG

DSC03028.JPG

IMGP2756.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 13:33| カメラ修理

2016年12月26日

『フジカコンパクト35』のカメラ修理

バタバタと過ごしていたら、今年もあとわずかになってきました。
当工房の年末年始のお休みは、勝手ながら12月29日から1月4日とさせていただきます。どうぞ、よろしくお願いします。

さて、今日、ご紹介するのは『フジカコンパクト35』のカメラ修理です。
発売されたのは昭和44年(1969年)です。
工房にやってきた個体は全体的に汚れやさびなどがあり、清掃を含めた各部点検を行ないました。
ファインダーにプリズムを使っている高級なファインダーです。ただし、プリズムは絞り値/シャッター速度や距離のソーンマークをファインダー内に表示させるためのもので、距離合わせは目測式です。
あとは、レザーを貼るだけです。

DSC03018.JPG

DSC03019.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 14:39| カメラ修理

2016年12月21日

『オリンパスOM10』のカメラ修理

あと10日で今年もおしまいです。そのせいか、雑用が増えて、バタバタしています。
これから、届く修理のご依頼品は難しいですが、すでにお預かりしているご依頼品は何とか年内には完了させたいと思っていますが、部品待ちだったり、経過観察が必要だったりして、どうなることやらです。
お待たせてしておりますお客さま、どうぞ、ご理解下さい。

さて、今日、ご紹介するのは『オリンパスOM10』のカメラ修理です。しばらくお使いになっておられなかったとのことで、各部点検のご依頼です。なかなか、キレイな個体です。まずは、機能チェックをしながら、ベチョベチョになっているモルトプレンの貼り替えからスタートです。

DSC03017.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 14:31| カメラ修理

2016年12月17日

フィルムカメラ用電池はまだまだ、手に入りますよ

先日、修理完了品に新品の電池『4LR44』をお付けしようと思い、引き出しをみたらストックがなくなっていました。ストックが切れていたのに気が付かなかったのです。
そこで、近所の写真屋さんに買いに行ったのですが、置いてありませんでした。以前はあったのですが ・・・。『4LR44』は『LR44』と言う電池を筒の中に4つ重ねている電池です。『LR44』はスーパーマーケットなどでもかんたんに手に入るのですが。
あわてて、近所の小さな電気屋さん2軒を回ったのですが、ありませんでした。
仕方なく少し離れた場所にある家電量販店に行ったのですが、そこにもありませんでした。エー、少し前ならいくらでも手に入ったのに・・・と思い、最後の手段として、電車に乗って15分の大きなターミナル駅に隣接したカメラ量販店に行ったら、ありました。

電池を見かけなくなったので、その電池を使うフィルムカメラが使えなくなったと思うお客様がたまにいらっしゃいます。

でも、そんなことはありません!

ネットで大手のカメラ量販店などに注文すれば、たいていの電池は翌日か翌々日には入手可能です。店頭に置いているお店が少なくなっただけですので。
なお、水銀電池など生産を中止しているものがありますが、代替電池もあります。
(デジカメ用専用電池などのようにそのカメラだけのため作られたものは難しいとお考えください)
フィルムカメラ用電池について、ご不明の点があれば、当工房あて、お気軽にお問合せ下さい。


DSC02981.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png



posted by ヒゲじい at 14:25| カメラ修理

2016年12月15日

『オリンパスペンEE』のカメラ修理

年末に近づいているせいか、少しだけバタバタしているヒゲじいです。とか何とか言っても、ついつい本業と関係のないことをやったりして時間を浪費しています。まあ、言い訳をすれば、部品の入手待ちなどで、効率良く時間を使えないのですが。

さて、今日は届いたばかりの『オリンパスEE』です。他にも仕掛かり中のカメラもあるのですが、部品を探しているので、まずは、このカメラの修理を始めました。『ペンEE』と言いながら、上カバーは『ペンEES』です。いわゆるニコイチです。
不具合は赤ベロが引っかかる、モルトの劣化などとのことで、お引き受けしました。早速拝見したところ、シャッターが開いたままになったりします。また、絞りにも粘りがありました。分解してみると、ネジが1本、ポロリと出てきました。調べてみたら、シャッター部品を固定していたビスの1本でした。それにしても、このビスは緩み止めの塗料が塗ってあるのですが、どうして脱落したのか、不可解です。
それでも、何とか修理の見通しはつきました。

DSC02980.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:18| カメラ修理

2016年12月12日

『ニコンFM』のカメラ修理

相変わらず、腰痛のヒゲじいです。以前にも書き込みましたが、整形外科の先生から「加齢によるものです」とのご託宣をいただいていますので、しかたがないのでしょう。フィルムカメラも加齢で調子が悪くなります。そんなときは当工房にご相談ください。

さて、今日ご紹介するのは『ニコンFM』のカメラ修理です。お客様からのお問合せメールではカメラ名が「Nikon」と書かれていました。そのため、当工房からは「機種名を教えてください」と返信いたしました。すると、「よくわからないけどボディ番号の前に『FM』とあります」とのお返事をいただきました。たしかに、ニコンFMや兄妹機種のFEはファインダー横のボディ番号の前にFMとかFEと小さく刻まれているだけなので、カメラにお詳しくない方には機種名はわかりにくいのです。普通はボディに大きく機種名が刻まれているのですが。

工房へやって来た個体は各部点検のご依頼です。全体的にさびやカビなどが多く、まずは清掃をしながら各機能をチェック中です。

DSC02978.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:22| カメラ修理

2016年12月07日

『コニカV(3)』のカメラ修理

数日前までは、年末とは思えないような暖かさだったのに、急に寒くなってきました。
まあ、冬は寒くないと、温かい食事がおいしくいただけません。でも、寒いのは好きではありませんが。

さて、今日ご紹介するのは『コニカV(3)』のカメラ修理です。
招きネコ型フィルム巻き上げが特徴のモデルです。
キレイな個体ですが、シャッターに粘りがあり、二重像も縦ずれがあります。

DSC02962.JPG

DSC02963.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:08| カメラ修理

2016年12月05日

『キャノンAE-1』のカメラ修理

昨日、今日、ヒゲじいの住む川崎市や東京都内は比較的暖かい日和でした。昨日は日頃の運動不足解消のために自転車に乗ってサイクリングしました。ただ、久々のサイクリングだったせいか、今日は太ももに若干の痛みがあります。困ったものです。

さて、今日、ご紹介するのは『キャノンAE-1』のカメラ修理です。しばらく前に「ペンEE」の修理をさせていただいたお客様からのご注文です。中古で入手されたとのことで、各部点検のご依頼です。カメラと一緒にペンEEで撮影された写真をお送りいただきました。オーナー様のカメラテクニックもあって、なかなかの写りでした。

DSC02957.JPG

DSC02959.JPG

DSC02961.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:00| カメラ修理

2016年12月01日

『フジカGS645』のカメラ修理

相変わらず、腰痛に悩まされているトホホなヒゲじいです。
そんなことは、ともかくとして今日から12月です。年末というだけの話なのですが、何だか気ぜわしくなってきました。キモチを落ち着かせて、今年を終えたいものです。

さて、今日、ご紹介するのは『フジカ645プロフェショナル』のカメラ修理です。お客さまからお電話で『シャッターが切れないのだけど』と、お問合せをいただきました。『この機種の場合、まずは現物を拝見してみないと修理可能かどうか分かりかねます』というお返事をしたら、すぐにご来店いただきました。
お持込いただいたカメラの隙間から一番心配していた「巻き上げ部とシャッターをつないでいるワイヤー」は大丈夫そうでした。ならば、あとは分解して、原因を探るしかないということでお預かりしました。分解してみると、バネ2本の不具合でした。1本はバネが切れていました。もう1本はなくなっていました。カメラ内を探してみたのですが見当たりません。オーナー様によると、以前にファインダー部のガラスが外れたことがあるとのこでしたから、そのときに逃げ出したのかも知れません。
手持ちのバネを使って動作するようにしましたが、しばらく様子をみたいと思っています。その間に各部点検を進めます。

DSC02956.JPG

DSC02952.JPG

DSC02953.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:38| カメラ修理