2016年12月01日

『フジカGS645』のカメラ修理

相変わらず、腰痛に悩まされているトホホなヒゲじいです。
そんなことは、ともかくとして今日から12月です。年末というだけの話なのですが、何だか気ぜわしくなってきました。キモチを落ち着かせて、今年を終えたいものです。

さて、今日、ご紹介するのは『フジカ645プロフェショナル』のカメラ修理です。お客さまからお電話で『シャッターが切れないのだけど』と、お問合せをいただきました。『この機種の場合、まずは現物を拝見してみないと修理可能かどうか分かりかねます』というお返事をしたら、すぐにご来店いただきました。
お持込いただいたカメラの隙間から一番心配していた「巻き上げ部とシャッターをつないでいるワイヤー」は大丈夫そうでした。ならば、あとは分解して、原因を探るしかないということでお預かりしました。分解してみると、バネ2本の不具合でした。1本はバネが切れていました。もう1本はなくなっていました。カメラ内を探してみたのですが見当たりません。オーナー様によると、以前にファインダー部のガラスが外れたことがあるとのこでしたから、そのときに逃げ出したのかも知れません。
手持ちのバネを使って動作するようにしましたが、しばらく様子をみたいと思っています。その間に各部点検を進めます。

DSC02956.JPG

DSC02952.JPG

DSC02953.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:38| カメラ修理