2017年02月28日

『マミヤフレックス』

今日はとても良いお天気でした。別に出かけるわけでなくても、窓越しに青空が広がっているのを見ると心まで晴れやかになる気がします。

さて、2月の最終日。工房へやってきたのは「マミヤフレックス」です。シャッターチャージができないという不具合です。その他、各部点検のご依頼です。ビューレンズとテイクレンズの中間部の横に四角いシャッターボタンがあるユニークデザインの二眼レフです。

DSC03287.JPG

DSC03288.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 18:24| カメラ修理

2017年02月27日

『ミノルタハイマチックS』

今日を含めて2月もあと2日。「エー」って感じです。通常の月より2、3日短いだけなのですが・・・。
さて、今日、ご紹介するのは『ミノルタハイマチックS』です。ミノルタでは初めてフラッシュを内蔵したコンパクトカメラとして登場しました。
工房へやって来た個体の外観はとてもキレイでした。ただ、オーナー様からは裏蓋が開きにくいとのご連絡がありました。確かに、裏蓋のロックを下げても裏蓋が浮き上がって来ません。まずは、この部分を修理し、その後、各部点検を進めます。

DSC03284.JPG

DSC03286.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 17:16| カメラ修理

2017年02月21日

『コニカSU(2)』

外では冷たく、強い風が吹いています。先日の日曜日の温かさから比べると、別世界のようです・・・というのは大げさかもしれませんが、寒いです。おまけに風邪を引きかけているのか、ゾクゾクしています。
と、言うことで、今日のカメラ修理のご紹介は少しだけで、ご容赦いただきます。

工房へやってきたのは『コニカSU(2)』です。セレン受光体を囲むグレーのプラスチックの枠とシルバーのボディ、黒いレザーのコントラストがシックでカッコイイと思います。ただ、個体の状況はシャッターの粘り、絞り羽根の外れ、メーターの動作不安定など重症です。これから、修理作業にとりかかります。

DSC03280.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 20:45| カメラ修理

2017年02月17日

『ビューティフレックス』

今日は温かいです。ただ、風が強く、外を歩いている人はたいへんな様子です。当工房のある武蔵小杉には高層マンションやビルがあるのですが、その近くはビル風が強く歩く人はフラフラしていました。

さて、今日、ご紹介するのは二眼レフの『ビューティフレックス』です。発売していたのは神田にあったという太陽堂光機です。資料が少なく、工房へやってきたモデル名を調べていないのですが、この会社から出ていた二眼レフには10種類以上あったようです。
工房へやってきた個体はオーナー様の実家の押入れ奥深くにあったそうで、ホコリだらけでした。ざっとは拭いたのですが、本格的な清掃や調整はこれからです。シャッターや絞りは動作するようですが、調整は必要でしょう。

DSC03203.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:45| カメラ修理

2017年02月16日

『ニコノス2』

今日、明日は少し暖かくなるそうです。知人の中にはインフルエンザにかかって、ウンウン言っている人もいます。寒暖差が大きいと体調不良になりがちです。どうぞ皆様、ご自愛下さい。

さて、今日、ご紹介するのは防水カメラ『ニコノスU(2)』です。水中撮影ができ(レンズによりますが陸上でも撮影可能)、レンズ交換も可能なカメラとして有名だったカメラです。
本来なら、このような特殊カメラの修理はお引き受けしないのですが、以前、お世話になったお客様がお父上から譲っていただいた思い出のカメラとのことで、つい、お引き受けしました。ただし、防水性の保証はできないことが条件で。
これから、各部のチェックをしますが、まずはボディを引き抜くと、裏蓋がポロリと出てきました。この裏蓋はヒンジ(蝶番)でボディに取り付けられているのですが、固定部の部品がなくなっていました。幸い、左右対称の部品で、もう片一方が残っていましたので、これを頼りに制作しようかと思っています。それにしてもカッコイイカメラです。

DSC03202.JPG

DSC03201.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:15| カメラ修理

2017年02月13日

『コニカC35』のカメラ修理

連休も終わって、今週がスタートしました。今月は28日までなので、うかうかしているとアッと言う間に3月になりそうです。
さて、今日、ご紹介するのは『コニカC35』です。コニカC35にはいくつかのモデルがありますが、工房へやってきたのはブラックボディの二重像距離計付き、GN(ストロボの光量)連動可能タイプです。
電池を入れても動作しないとのことで、オーナー様が電池蓋を開けて電池室内部をご覧になったところ、キレイだとおっしゃっていました。でも、分解してみたら電池室から出ているリード線がダメになっていました。
二重像距離計も動いていませんでしたが、こちらは動作部にある油が固まっているのでしょう。
これから、細かくチェックしながら整備です。

DSC03198.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:23| カメラ修理

2017年02月09日

『ヤシカエレクトロ35GT』

今日はあちこちで大雪が予想されているそうです。すでに友人の住む街でも降っているとのメールをもらいました。事故などがなければよいのですが。

さて、ご紹介するのはブラック精悍なブラックボディ『ヤシカエレクトロ35GT』です。
電池が液漏れして、電池室が汚れています。なかなかの重体のようです。

DSC03196.JPG

DSC03195.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:03| カメラ修理

2017年02月06日

『マミヤ6』のカメラ修理

腰痛と肩痛のヒゲじいです。でも、最近は少し良くなっています。春になったら、もっと身体を動かすことを心がけたいと思っています。

今日、ご紹介するカメラ修理ははスプリングカメラの『マミヤ6』(KU)です。スプリングカメラファンならご承知のように、マミヤ6はレンズは固定しフィルム面を前後させるというユニークな機構を備えています。
工房へやってきた個体は、シャッターチャージはできるのですが、シャッターボタンを押してもシャッターを切ることができません。その他、ファインダーのガラスが割れていたりしていました。
何とか修理を完了させ、再組み立て中です。ずっしりとした手ごたえが魅力的なカメラです。

DSC03192.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:25| カメラ修理

2017年02月03日

『リコーフレックスY(6)』のカメラ修理

確定申告の時期が近づいてきました。数字とか経理とかが苦手なヒゲじいなので・・・。それでも、会計ソフトがあるので助かっています。少なくとも、入力さえ間違えなければ計算間違いはないし、矛盾があれば指摘もしてくれるので。

さて、今日ご紹介するのは『リコーフレックスY(6)』のカメラ修理です。お若い女性オーナーのおじいさまがお持ちになっていたとのことです。ご家族にとっても思い出のあるカメラとのことで、再び撮影できるようになることを楽しみにされているようです。
最大の不具合はこのモデルに多い「ヘリコイドの固着」です。ピントを合わせようにも、びくともしません。何とか、固着を緩め、スムーズに動作するようにしました。
動きの固かった絞りもスムーズに動くようにしました。
レンズ内のカビやレザーの汚れがひどかったのですが、何とかキレイにしました。
これから、最後の組み立て作業に入ります。

DSC03191.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 14:52| カメラ修理

2017年02月02日

『オリンパスOM-2』のカメラ修理

先日まで腰痛で困っていたら、今度は肩が痛んでいるヒゲじいです。まあ、昭和生まれなので、若い頃に比べるとあちこち、ガタが来ています。まあ、昭和のカメラたちと同じです(笑)。
さて、今日、ご紹介するのは『オリンパスOM-2N』のカメラ修理です。今回はモルトプレン貼り替えの限定修理です。外観はキレイな個体ですが、モルトはネチョネチョでした。

DSC03190.JPG

DSC03189.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 07:21| カメラ修理

2017年02月01日

『リコーオートハーフSE』のカメラ修理

今日から2月です。2月は最低気温が出る時期だと思います。寒さに弱いヒゲじいとしては少し憂鬱です。
そんな話はさておき、今日、ご紹介するのは『リコーオートハーフSE』のカメラ修理です。スプリングモーター(ぜんまい)とセレンを使って、電池なしで巻き上げ、EE露出計を動作させます。
レンズの中、ファンダーに汚れがあるのと露出計不動とのことで工房へやってきました。
このカメラ、分解してみると、コンパクトなボディの中にメカニズムがぎっしりと詰まっている感じでカッコイイです。とは言え、分解修理は少々、面倒ですが。

DSC03186.JPG

DSC03188.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 16:29| カメラ修理