2017年03月27日

『初代オリンパスペン』

当工房のある川崎市武蔵小杉。今朝はみぞれのような雨でしたが、お昼過ぎからは青空が見え始めました。
まだ、当分は寒い日があるのでしょうか?

さて、今日、ご紹介するのは『オリンパスペン』です。
最初にお客さまからお電話があったとき、『一眼レフではない方のオリンパスペンです』とおっしゃるので、『ペンEE』とか『ペンS』かと思ったのですが、お持ちいただいた個体を見ると『OLYMPUS PEN』としか刻印されていません。
すぐに思い出せなかったのですが、ペンシリーズの最初のモデルなので「PEN」なのでした。
発売されたのは昭和34年(1959年)です。低価格でありながら、コンパクトで、高性能な描写ができるカメラを目指して開発・発売されたカメラです。
この初代ペンがその後のペンシリーズやOMシリーズなど、コンパクトサイズにこだわるオリンパスのカメラの伝統を作ったと思われます。

工房へやって来た個体は巻戻しクランクがユルユルになっていました。通常であればクランクを仕舞ったとき、起こしたときにそれぞれの位置で固定されるのですが、固定用の板バネとビスがなくなっていました。幸い手元に代替部品があるので、大丈夫です。あとは、お約束のモルトプレンの劣化があるので、貼り替えです。それが済めば、各部点検、調整に入ります。

DSC03360.JPG

DSC03359.JPG

140408最終.png   サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 17:10| カメラ修理