2017年04月18日

『ニコマートFTN』のカメラ修理

全国的に雨のようです。工房のある武蔵小杉でも昨晩から雨が降り、朝方までは強く降っていました。
でも、午後までには、晴れて気温が上がるとのことです。春らしい風景が楽しめると良いのですが。

さて、今日、ご紹介するのは『ニコマートFTN』のカメラ修理です。しかも、ブラックボディ、なかなかカッコイイです。ところどころブラックの塗料が擦れて、金色の真鍮の地肌が見えるのがさらにカッコイイです。
工房へやってきた個体はミラーの戻りが悪いという不具合です。他にも露出計の動作が不安定です。
何とか、修理作業を終え、最終チェック中です。

DSC03386.JPG

DSC03387.JPG

DSC03388.JPG


140408最終.png サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 07:23| カメラ修理

2017年04月12日

『ヤシカ35』のカメラ修理

通常、当工房でのカメラ修理では、修理の完了チェックはカメラテスターなどを使って行います。ただ、まれに修理内容によっては試写が必要なことがあります。今日はお天気が良かったので、修理したカメラの試写に近所まで出かけました。フィルムをとり終えて、いつも、お世話になっているDPEさんに持ち込もうとしたら、今日は月1回の定休日でした。普段なら、1時間余りでフィルム現像と同時プリントをしてくださるので、時間の節約になるので助かっているのですが、明日までおあずけです。

さて、今日、ご紹介するのは『ヤシカ35』のカメラ修理です。ピントリングが全く動きません。分解を進め、修理して再組み立て中です。内部のパーツに欠品などもあり、結構な重修理になりました。

DSC03384.JPG

DSC03376.JPG

DSC03379.JPG


140408最終.png サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 16:29| カメラ修理

2017年04月10日

『ミノルタV2』のカメラ修理

工房のある武蔵小杉。昨日、降っていた雨も止み、今日は良いお天気です。
早朝に多摩川の河川敷まで行ってみたら、桜が満開でした。雨で散ってしまったかと思っていたのですが、がんばっていました。
あと数日は満開の桜が楽しめそうです。そして、そのあとにやってくるの葉桜の景観も楽しみです。

さて、今日、ご紹介するのは『ミノルタV2』です。昭和33年(1958年)に発売されたレンジファインダーカメラです。最大の特徴はレンズシャッターながら1/2000までのシャッター速度が得られることです。但し、このシャッター速度はF8以上のときにシャッターを全開しないようにしてシャッター速度を稼いでいます。

工房へやってきた個体は二重像が全く見えません。ハーフミラーの劣化だろうと思い、分解してみました。どなたかが、以前に清掃されたようで、反射面がなくなって透明になっていました。これでは、二重像を作ることができません。ハーフミラーを交換して二重像がはっきり見えるようにしました。
それにしても、このファインダーはプリズムが使われている高級仕様です。当時は結構な値段だったことが想像されます。ファインダーの清掃やスローシャッター粘り修理などを含めた整備を終え、最終チェック中です。

DSC03374.JPG

DSC03373.JPG

どなたかが、拭きすぎて反射面が透明になったハーフミラー
DSC03372.JPG

DSC03370.JPG

140408最終.png サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 13:24| カメラ修理

2017年04月03日

日本カメラ博物館さんの特別展のご案内

日本カメラ博物館さんから2017年4月4日(火)から7月2日(日)まで開催される特別展特別展「カメラ故郷に帰る 愛好家が巡るカメラ母国紀行」のご案内をいただきました。
当ブログをご覧いただいている方ならご関心のある方興味も多いと思います。

日本カメラ博物館さんのご案内によると、

今回の特別展は、医師でありカメラ愛好家の竹内久彌氏のカメラコレクションと、竹内氏が19年の歳月をかけて実際にそのカメラの製造国44カ国に足を運んで撮影した写真作品で構成されています。

1888年にイーストマン・コダックから初のロールフィルム専用カメラ「ザ・コダック」が発売されて以来、写真撮影は広く普及し、世界各国で多くのフィルムカメラが製造されました。
竹内氏はそのようなフィルムカメラ全盛の時代に、どのような国でカメラが作られていたのかを知りたいと願い、世界各国のカメラを集めるとともに、その国とカメラとの関係をより深く理解するためにカメラを製造国へと持ち帰り、19年の歳月をかけ44の国や地域を訪ね、写真を撮影されたそうです。

博物館のそばにある千鳥が淵の桜もそろそろ見ごろです。
お花見がてら、お出かけになってみてはいかがでしょうか?

*以下の画像はクリックすると大きくなります。
IMG_20170403_0002.jpg

IMG_20170403_0001.jpg


140408最終.png

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 16:40| カメラ修理