2017年04月03日

日本カメラ博物館さんの特別展のご案内

日本カメラ博物館さんから2017年4月4日(火)から7月2日(日)まで開催される特別展特別展「カメラ故郷に帰る 愛好家が巡るカメラ母国紀行」のご案内をいただきました。
当ブログをご覧いただいている方ならご関心のある方興味も多いと思います。

日本カメラ博物館さんのご案内によると、

今回の特別展は、医師でありカメラ愛好家の竹内久彌氏のカメラコレクションと、竹内氏が19年の歳月をかけて実際にそのカメラの製造国44カ国に足を運んで撮影した写真作品で構成されています。

1888年にイーストマン・コダックから初のロールフィルム専用カメラ「ザ・コダック」が発売されて以来、写真撮影は広く普及し、世界各国で多くのフィルムカメラが製造されました。
竹内氏はそのようなフィルムカメラ全盛の時代に、どのような国でカメラが作られていたのかを知りたいと願い、世界各国のカメラを集めるとともに、その国とカメラとの関係をより深く理解するためにカメラを製造国へと持ち帰り、19年の歳月をかけ44の国や地域を訪ね、写真を撮影されたそうです。

博物館のそばにある千鳥が淵の桜もそろそろ見ごろです。
お花見がてら、お出かけになってみてはいかがでしょうか?

*以下の画像はクリックすると大きくなります。
IMG_20170403_0002.jpg

IMG_20170403_0001.jpg


140408最終.png

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 16:40| カメラ修理