2017年05月15日

『オリンパスクロームシックスV(3)B』のカメラ修理

バタバタしていたら5月もあと半月になっていました。気持ちの良い季節もあとわずかなのでしょうか?

さて、今日、ご紹介するのは昭和26年(1951年)に発売された『オリンパスクロームシックスV(3)B』のカメラ修理です。昭和26年と言うと、ヒゲじいより2歳年上です。同じデザインでレンズだけ違うF2.8とF3.5があるそうですが、今回はF2.8のB型でした。

工房へやって来た個体はシャッターが切れず、セルフタイマーも途中で止まったままです。オーナー様によると、入手されたときはシャッターが切れていたが、シャッタースピードが変化していなかったとのことでしだ。分解して調べてみたら、セルフタイマーは粘り、スローガバナーは粘りに加えて、位置が微妙にずれていていました。とりあえず、シャッターは動作するように修理し、粘っていた絞りも清掃しました。
これから、様子を見ながら再組み立てです。

DSC03425.JPG

DSC03426.JPG

DSC03429.JPG

140408最終.png サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png


posted by ヒゲじい at 12:41| カメラ修理