2014年09月12日

ミノルタレポのカメラ修理

エー?ミノルタのハーフサイズカメラ?
よほどのカメラ好き、特にハーフサイズカメラ好きの方でないと、この『ミノルタレポ』のことは、ご存じないのではないでょうか?
ミノルタが昭和39年(1963年)に発売し、翌年には後継機の「ミノルタレポ-S」を発売します。でも、ミノルタが発売したハーフサイズカメラはこの2モデルだけです。
そのため、販売台数はあまり多くないようで、中古市場でもあまり見かけないようです。

工房へやってきたのはシルバーとブラックのモデル。ブラックはシャッターやセレンはそこそこで、整備すれば何とかなりそうです。ただ、アクセサリーシューがなくなっているので、調子の悪いシルバーから移植して欲しいとのことでした。(シルバーはセレンが完全に劣化し、シャッターも動きません)
ただ、オリジナルのブラックボディはアクセサリーシューもブラックです。おまけに、アクセサリーシューはビス止めではなく、かしめて(金属を叩いて変形して固定すること)あります。すこし、検討が必要です。

DSC07613.JPG

DSC07615.JPG

サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png

posted by ヒゲじい at 15:53| カメラ修理