2017年11月27日

『ミノルタオートコード』のカメラ修理

今週で11月も終わりです。ということはあと1ヶ月で今年も終わり。いやはや、1年が過ぎるのが早いと思うのはヒゲじいだけでしょうか?

さて、今日、ご紹介するのは二眼レフの『ミノルタオートコード』です。「前ピン」とのことで工房へやってきました。ミラーのズレかと思って、お引受けしたのですが、ピント合わせの振り子式レバーの取り付け部にヒビが入っていて、ヘリコイドの位置がずれていました。この振り子式レバーはスピーディなピント合わせができるのが良いところなのですが、経年変化でヘリコイドのグリスが硬化して、粘ってくるとレバーに無理な力がかかって、ノブや取り付け部が折れるという「持病」があります。もちろん、交換部品は手に入りませんので、中古のオートコードから移植するしかありません。
他にもスローシャッターに若干の粘りがありましたので、こちらも整備しました。
現在、最終チェック中です。

DSC03645.JPG

DSC03642.JPG


140408最終.png サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 15:28| カメラ修理

2017年11月17日

『ヤシカハーフ17』のカメラ修理

いやはや、寒くなってきました。
どうぞ、お風邪を召さないよう、お気をつけください。

今日、ご紹介するカメラ修理は『ヤシカハーフ17』です。ハーフサイズカメラながら、大口径のF1.7 レンズが装備され、外観デザインも高級感が漂っています。
若い女性のオーナー様がこのカメラのデザインに一目惚れしてお買い求めになったそうです。残念ながら、シャッターの粘りがありました。幸い、セレンの劣化やメーターの動作には大きな不具合はありませんでしたので、シャッターの動作を回復させることで、撮影可能な状態になりました。現在、最終的なチェックを行いながら、再組み立て中です。

DSC03641.JPG

IMGP2888.JPG

IMGP2893.JPG


140408最終.png サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 15:54| カメラ修理

2017年11月13日

『ミノルタフレックス』のカメラ修理

久々の修理ブログ投稿です。今日、ご紹介するのは『ミノルタフレックス』です。オーナー様のお兄様が写真撮影のマニアで、そのお兄様からいただいた貴重な思い出の品だそうです。オーナー様だけでなく、お若い娘様もお使いになりたいとのことで、工房にお持込いただきました。
拝見したところ、シャッターと絞りが固着しておりました。機構の洗浄などを行い、必要な箇所には注油を行い正常な動作をするように修理しました。その他、清掃などを行い、一件落着と思いきや、ダミーフィルムを入れて巻上げ操作をしてみると、フィルムのまき止め機構が不調でした。磨耗か、変形があるようでしたので、他の中古品から部品を移植して操作可能な状態にしました。メデタシメデタシです。

DSC03634.JPG

DSC03633.JPG

DSC03632.JPG

140408最終.png サブタイトル付きレトロ 昭和カメラサービス ロゴ.png
posted by ヒゲじい at 16:41| カメラ修理